本文へスキップ

電気工事士 電気主任技術者 資格

第二種電気工事士とは/第二種電気工事士 資格取得

第二種電気工事士とは

電気工事士
ビル・工場・商店・一般家屋などの電気設備は、その安全を守るために一定の

国家資格(電気工事士)を持っている人だけに、工事を行うことが認められて

います。


第二種電気工事士は、一般住宅や店舗などの600ボルト以下で受電する設備の

工事ができます。


実際にはどういったことをしているかというと、一般住宅の配線やコンセント

やスイッチなどの取りつけや、デパート等のテナントの電気工事なども行います。


実務直結の資格として、電気工事会社に勤務する人はもちろん、これから電気工事業を営もうとする人にも有効です。

また、電気工事のニーズは全国にあるため、地方での就転職にも役立てやすくなっています。

また、一般用電気工作物の工事に独占的に従事できるため、活躍の場は広く、電気主任技術者への途も開けています。


「第二種電気工事士」資格は、電気関係の入門的な資格です。


比較的取りやすいこの資格を足がかりにして、関連資格、上級資格を取得すれば、それだけ幅広く活躍でき、

いずれ独立開業の道も大きく開けます。






第二種電気工事士 通信講座

 第二種電気工事士 資格取得  ユーキャンの電気工事士講座

しっかり準備すれば意外と受かりやすい

全国平均合格率が50%前後

「電気工事士」に受験資格はなく、誰でも受験できます。当講座の受講生にも「学習経験なし」という方が多く見られます。
練習用材料と解説DVDがセットで、技能試験対策も手間いらず。実技の添削指導で対策もバッチリです!