本文へスキップ

電気工事士 電気主任技術者 資格

第二種電気工事士試験概要/第二種電気工事士 資格取得

第二種電気工事士試験概要

電気工事士
■受験資格はありません!
年齢・性別・学歴・実務経験に関係なく、誰でも受験できます。

■合格者定員はなし!
筆記試験は例年合格ライン(約6割)以上を得点すれば、人数に関係なく合格できます。

■筆記試験はマークシート!
電気工事士試験は筆記と技能の2つがありますが、筆記は択一式で、技能もごく基本的な知識と作業ノウハウが問われるものばかり。

■比較的高い合格率!
筆記試験、技能試験のどちらも合格率は50%前後あります。
当講座で的確な準備をすれば、自信をもって受験に臨むことができます。

受験資格

年齢、学歴等の制約はなく、どなたでも受験できます。

  • 基礎学力として、高校1年〜2年程度の数学の知識(四則演算、無理数、三角関数、指数など)が必要

申込受付

3月上旬〜4月上旬

試験日

毎年2回

・上期試験(筆記試験:6月上旬/技能試験:7月下旬)

・下期試験(筆記試験:10月上旬/技能試験:12月上旬)

  • 受験申込時にどちらの試験を受験するか選択することになります。

試験地

上期試験:各都道府県/下期試験:全国10会場

出題形式

◆筆記試験:四肢択一のマークシート50問(電卓の使用不可)

◆技能試験:与えられた材料で電気回路を時間内に作成

受験料

9,600円(インターネット申込みは9,300円)

全国平均合格率

【平成22年度】

◆筆記試験:59.8%

◆技能試験:68.0%

試験実施機関

 筆記試験の免除について  

次のいずれかに該当する方は、申請により筆記試験が免除になります。

  • 前回(前年度)の第二種電気工事士筆記試験に合格した方
  • 高等学校、高等専門学校及び大学等において経済産業省令で定める電気工学の課程を修めて卒業した方
  • 第一種、第二種又は第三種電気主任技術者免状の取得者
  • その他の対象者(詳細については、受験案内書をご覧ください)





第二種電気工事士 通信講座

 第二種電気工事士 資格取得  ユーキャンの電気工事士講座

しっかり準備すれば意外と受かりやすい

全国平均合格率が50%前後

「電気工事士」に受験資格はなく、誰でも受験できます。当講座の受講生にも「学習経験なし」という方が多く見られます。
練習用材料と解説DVDがセットで、技能試験対策も手間いらず。実技の添削指導で対策もバッチリです!