本文へスキップ

電気工事士 電気主任技術者 資格

電気工作物の種類と資格/第二種電気工事士 資格取得

電気工作物の種類と資格

電気工事士
電気工作物の種類と資格の概要は次のとおりです。

1.電気工作物の種類

「電気工作物」

 電気工作物とは、電気を供給するための発電所、変電所、送配電線路をはじめ、工場、ビル、住宅等の受電設備、屋内配線、電気使用設備などの総称をいいます。

「電気工作物の種類」
  • (1)一般用電気工作物とは、主に一般住宅や小規模な店舗、事業所などのように電気事業者から低圧(600ボルト以下)の電圧で受電している場所等の電気工作物をいいます。
  • (2)電気事業用電気工作物とは、電気事業者の発電所、変電所、送配電線路などの電気工作物をいいます。

  • (3)自家用電気工作物とは、一般用及び電気事業用以外の電気工作物、すなわち工場やビルなどのよ うに電気事業者から高圧以上の電圧で受電している事業場等の電気工作物をいいます。
  • (4)事業用電気工作物とは、電気事業用及び自家用電気工作物の総称をいいます。



2.必要な資格

事業用電気工作物については保安の監督者として電気主任技術者を選任しなければならないこと、最大電力500キロワット未満の需要設備及び一般用電気工作物については電気工事の作業に従事する者として電気工事士等の資格がなければならないことが、法律(電気事業法及び電気工事士法)で定められております。

(注)需要設備とは受電設備、配線、負荷設備等の電気を使用する設備の総称です。





第二種電気工事士 通信講座

 第二種電気工事士 資格取得  ユーキャンの電気工事士講座

しっかり準備すれば意外と受かりやすい

全国平均合格率が50%前後

「電気工事士」に受験資格はなく、誰でも受験できます。当講座の受講生にも「学習経験なし」という方が多く見られます。
練習用材料と解説DVDがセットで、技能試験対策も手間いらず。実技の添削指導で対策もバッチリです!