本文へスキップ

電気工事士 電気主任技術者 資格

第三種電気主任技術者とは/第二種電気工事士 資格取得

第三種電気主任技術者とは

電気工事士
電気主任技術者は、発電所や変電所、ビル、工場、などの受電設備や配線など、電気設備の保安監督という仕事に従事できます。

電気主任技術者は社会的評価が高い資格と言えるでしょう。

電気設備を設けている事業主は、工事・保守や運転などの保安の監督者として、電気主任技術者を選任しなければならないことが法令で義務づけられています。


この資格は企業からのニーズが高く、就職や転職に有利になること。

また、職場からの評価に繋がるだけでなく、ビルのメンテナンスや工場勤務、電気工事業者等、仕事の幅も広がります。


【資格取得のメリット】
●電験(電験3種)を先に取得すると、第一種、第二種電気工事士資格のうち筆記試験が免除になります。
●電験三種を持っていると、実務経験により第一種電気工事士免許を取得することができます。





第二種電気工事士 通信講座

 第二種電気工事士 資格取得  ユーキャンの電気工事士講座

しっかり準備すれば意外と受かりやすい

全国平均合格率が50%前後

「電気工事士」に受験資格はなく、誰でも受験できます。当講座の受講生にも「学習経験なし」という方が多く見られます。
練習用材料と解説DVDがセットで、技能試験対策も手間いらず。実技の添削指導で対策もバッチリです!